佐藤 千夜子(読み)サトウ チヤコ

  • 佐藤 千夜子 (さとう ちやこ)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の歌手



生年
明治30(1897)年3月13日

没年
昭和43(1968)年12月13日

出生地
山形県天童市

本名
佐藤 千代

学歴〔年〕
東京音楽学校中退

経歴
作曲家の中山晋平に見込まれて音楽学校を中退、新民謡や童謡普及のため、中山、野口雨情らと全国各地を歌って回った。山形なまりが強く、中山も彼女を歌手として育てるのに苦労した。昭和3年ビクターがレコード史上初めての純国内制作盤として、佐藤の歌「波浮の」「鴬の夢」を発売した。次いで4年に西條八十作詞・中山晋平作曲「東京行進曲」を同じビクターでレコーディング、当時としては驚異的な25万枚を売る大ヒットとなった。さらに「愛して頂戴」「紅屋の娘」なども次々ヒットした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
歌手

本名
佐藤 千代

生年月日
明治30年 3月13日

出生地
山形県 天童市

学歴
東京音楽学校中退

経歴
作曲家の中山晋平に見込まれて音楽学校を中退、新民謡や童謡普及のため、中山、野口雨情らと全国各地を歌って回った。山形なまりが強く、中山も彼女を歌手として育てるのに苦労した。昭和3年ビクターがレコード史上初めての純国内制作盤として、佐藤の歌「波浮の港」「鴬の夢」を発売した。次いで4年に西条八十作詞・中山晋平作曲「東京行進曲」を同じビクターでレコーディング、当時としては驚異的な25万枚を売る大ヒットとなった。さらに「愛して頂戴」「紅屋の娘」なども次々ヒットした。この人気絶頂期にイタリアに渡り、オペラ歌手を志したが、大借金を抱えて5年ぶりに帰国。カムバックを図ったが、すでに忘れられていた。戦後は生活保護を受ける身となった。

没年月日
昭和43年 12月13日 (1968年)

伝記
永遠の歌姫 佐藤千夜子女たちの歌―時代を映す「地上の星」の肖像昭和のすたるじい流行歌(はやりうた)―佐藤千夜子から美空ひばりへ 菊池 清麿 著新井 恵美子 著塩沢 実信 著(発行元 東北出版企画光文社第三文明社 ’08’04’91発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1897年3月13日
昭和時代の歌手
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android