頂戴(読み)チョウダイ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐だい〔チヤウ‐〕【頂戴】

[名](スル)
もらうこと、また、もらって飲食することをへりくだっていう語。「結構な品を頂戴いたしました」「お𠮟りを頂戴する」「もう十分頂戴しました」
(多く、女性・子供の用いる語)
㋐物を与えてくれ、また、売ってくれという命令の意を、親しみの気持ちをこめて促すようにいう語。ください。「それを頂戴」「牛肉500グラム頂戴
㋑「…てちょうだい」の形で補助動詞の命令形のように用いて、相手に何かをしてもらうのを促す気持ちを、親しみをこめていう語。「その新聞を取って頂戴
顔の上にささげ持つこと。
「黄衣の神人神宝を―して、次々に順(したが)ふ」〈太平記・三九〉
[アクセント]1はチョーダイ2はチョーダイ。
[補説]電話の応対などで「お名前を頂できますか」などと言うが、これは正しくない。「名前を頂戴する」というのは、例えば主君の名をそのまま、またはその一部を戴いて自分や子供の名にすることである。よって簡略には「お名前をお願いします」、さらには「お名前をお聞き(お伺い)できますか」くらいでよい。平成10年代半ば頃から広がったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうだい【頂戴】

( 名 ) スル
もらった物などをうやうやしく頭上にいただくこと。 「賞状を-してひきさがる」
もらうことをへりくだっていう語。 「結構なものを-する」
食べることをへりくだっていう語。 「もう十分に-しました」
物をくれ、物を売ってくれと促す時に用いる語。下さい。 「おやつ(を)-」 「イワシを三匹-」
動詞の連用形に助詞「て」の付いた形や、動詞の未然形に「ないで」の付いた形に接続して、補助動詞の命令形のように用いて、親しみの気持ちをこめて相手に求める意を表す。…てください。 「この本を見せて-」 「ここにすわらないで-」 〔女性語や幼児語として用いられることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐だい チャウ‥【頂戴】

〘名〙
[一]
① 敬意を表わして、いただき物などを目より高くささげ、頭を低くさげること。うやうやしくささげること。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「新羅恵日、渉三韓而頂戴」
※太平記(14C後)三九「黄衣の神人神宝を頂戴(チャウダイ)して」 〔梁武帝‐金剛般若懺文〕
② もらうことの謙譲わること。いただくこと。
※虎明本狂言・政頼(室町末‐近世初)「玉のかんざしいしのおびを、せいらいにあたへたび給へば、かたじけなくも、ちゃうだいいたし」
③ 特に、飲食物をいただくこと。
※重刊改修捷解新語(1781)七「御りゃうりちゃうたいつかまつり、ありかたいしあわせにそんしたてまつりまする」
[二]
① (動詞の命令形のように用いて) 物を与えてくれること、また、売ってくれることを、親しみの気持をこめて促す語。ください。
※咄本・春袋(1777)自慢も相手「けさはいそがしくて、汁をこしらへませぬ。一ぱいてうだい」
② (動詞の連用形に、助詞「て」の付いた形や、動詞の未然形に「ないで(んで)」の付いた形に添え、補助動詞の命令形のように用いて) ある事を親しみの気持をこめて相手に求める語。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「はばかりだがおめへの傍のフラスコをとっててうだい」
[語誌](1)(一)①の意味の漢語から、そのような動作をして物をもらうことを「頂戴す」「頂戴つかまつる」などと表現するようになり、(一)②の意が生じた。
(2)(二)の用法は、もと、「安愚楽鍋〈仮名垣魯文〉三」の「一番の景物がお酣直しのおとッくりヘイ一寸お酌二番がお猪口を頂戴(テウダイ)かネ」のように、手で物をいただくしぐさとともに「頂戴つかまつる」の省略形として用いられたのに始まると思われる。明治以後現代では主として婦人幼児語として用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頂戴の関連情報