コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤千夜子 さとう ちやこ

2件 の用語解説(佐藤千夜子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤千夜子 さとう-ちやこ

1897-1968 昭和時代の歌手。
明治30年3月13日生まれ。作曲家中山晋平(しんぺい)にみとめられ,昭和2年日本ビクター入社。「波浮(はぶ)の港」でデビュー。4年「東京行進曲」「紅屋の娘」が大ヒットし,流行歌手第1号となった。のちオペラ歌手をこころざし,イタリアに留学したがはたせなかった。昭和43年12月13日死去。71歳。山形県出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。本名は千代。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤千夜子
さとうちやこ
(1897―1968)

歌手。山形県天童の生まれ。本名佐藤千代。東京音楽学校(現東京芸術大学)卒業後、詩人野口雨情(うじょう)や作曲家中山晋平(しんぺい)に才能を認められ、昭和初期、日本ビクターに吹き込んだ『波浮(はぶ)の港』(1928。野口雨情作詞、中山晋平作曲)と、それに続く『東京行進曲』(1929。西条八十(やそ)作詞、中山晋平作曲)が爆発的人気をよんだ。1930年(昭和5)イタリアに留学し、35年に帰国したが芸能界に復帰できず、不遇のうちに没した。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐藤千夜子の言及

【歌謡曲】より

…終戦後はアメリカからブギウギ,ロックンロール等新しいリズムが入るたびに,そのリズムを基調とする〈ポップス系歌謡曲〉が作られ,若者たちをとらえる一方,伝統的な演歌が中高年層をとらえるという二極化がはじまる。
[見せる歌謡曲]
 歌手の第1号は佐藤千夜子で,緊張したかん高い声で,唱歌風の歌い方をしていた。一般に初期の歌手は,マイクなしでもよく通るかん高い声をもっている。…

※「佐藤千夜子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐藤千夜子の関連キーワード上原敏小畑実北沢栄清水静子羽衣歌子平野愛子広野三郎藤本二三吉藤原亮子松島詩子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤千夜子の関連情報