佐藤喜美子(読み)さとう きみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤喜美子 さとう-きみこ

1930-1996 昭和時代後期のソプラノ歌手。
昭和5年2月2日生まれ。36年ウィーン国立音大に留学。在学中にウィーン-フォルクスオーパーで「蝶々夫人」の主役を演じ,以後ドイツや東欧諸国で200回以上の公演をかさねる。55年引退後も日墺(にちおう)文化協会の設立など,文化交流に尽力した。平成8年2月14日ウィーンで死去。66歳。東京出身。東京芸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android