コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤繁彦 さとうしげひこ

3件 の用語解説(佐藤繁彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤繁彦
さとうしげひこ

[生]1887. 会津若松
[没]1935.4.
キリスト教神学者。第一高等学校を経て 1913年京都帝国大学文学部卒業。高校在学中,海老名弾正に導かれて入信。京大卒業後,18年まで東京帝国大学大学院に在籍し,ルター研究を継続するかたわら東京神学社に学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤繁彦 さとう-しげひこ

1887-1935 大正-昭和時代前期の神学者。
明治20年9月24日生まれ。大正9年九州学院講師。11-13年ドイツでホルに師事。帰国後日本ルーテル神学専門学校教授。14年ルッター研究会を創設し月刊誌「ルッター研究」を発刊した。昭和10年4月16日死去。49歳。福島県出身。京都帝大卒。著作に「若きルーテル」「体験宗教の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さとうしげひこ【佐藤繁彦】

1887‐1935(明治20‐昭和10)
神学者,ルター研究家。福島県生れ。東大,京大に学び,ルター研究を志し,日本基督教会牧師となったが,のちルター派教会に転じた。1922年より2年間ベルリンK.ホルに師事,帰国して日本ルーテル神学専門学校教授となり,著作や翻訳,月刊誌《ルッター研究》(1925‐35)の発行などを通してルターを日本に紹介した。その著作《羅馬(ローマ)書講解に現れしルッターの根本思想》(1933)は日本でのこの分野の古典となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の佐藤繁彦の言及

【ルター】より

…日本では,1911年に《キリスト者の自由》が訳されたのが邦訳の始めであるが,相前後して伝記の出版もみられた。翻訳や論文,著作によってルターを紹介し,研究を深めたのは石原謙と佐藤繁彦(とくに後者の《ローマ書講解に現れたルターの根本思想》)である。これにつづく岸千年のルターの《ヘブライ人への手紙》講義の研究(《ヘブル書講解におけるルターの神学思想》)や,すでに数ヵ国語に翻訳されている北森嘉蔵《神の痛みの神学》がある。…

※「佐藤繁彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐藤繁彦の関連キーワード大曲駒村アルトハウス服部宇之吉福島県文化センター福島県伊達郡川俣町東大清水福島県伊達郡桑折町東大隅福島県白河市東大沼福島県石川郡浅川町東大畑松浦純ラングレー研究センター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone