コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤繁彦 さとうしげひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤繁彦
さとうしげひこ

[生]1887. 会津若松
[没]1935.4.
キリスト教神学者。第一高等学校を経て 1913年京都帝国大学文学部卒業。高校在学中,海老名弾正に導かれて入信。京大卒業後,18年まで東京帝国大学大学院に在籍し,ルター研究を継続するかたわら東京神学社に学ぶ。同年朝鮮新義州日本基督教会牧師,20年熊本日本基督教会牧師,九州学院神学部講師に就任。 22年ドイツへ留学。帰朝後,ルーテル神学校 (九州学院の後身) の東京移転とともに東京に移住し,教理史と教会史を担当。ルター研究会を主宰し月刊『ルター研究』発刊。 33年『ロマ書講解にあらわれたルッターの根本思想』により京都大学から文学博士号を受く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤繁彦 さとう-しげひこ

1887-1935 大正-昭和時代前期の神学者。
明治20年9月24日生まれ。大正9年九州学院講師。11-13年ドイツでホル師事。帰国後日本ルーテル神学専門学校教授。14年ルッター研究会を創設し月刊誌「ルッター研究」を発刊した。昭和10年4月16日死去。49歳。福島県出身。京都帝大卒。著作に「若きルーテル」「体験宗教の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さとうしげひこ【佐藤繁彦】

1887‐1935(明治20‐昭和10)
神学者,ルター研究家。福島県生れ。東大,京大に学び,ルター研究を志し,日本基督教会牧師となったが,のちルター派教会に転じた。1922年より2年間ベルリンでK.ホルに師事,帰国して日本ルーテル神学専門学校教授となり,著作や翻訳,月刊誌《ルッター研究》(1925‐35)の発行などを通してルターを日本に紹介した。その著作《羅馬(ローマ)書講解に現れしルッターの根本思想》(1933)は日本でのこの分野の古典となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の佐藤繁彦の言及

【ルター】より

…日本では,1911年に《キリスト者の自由》が訳されたのが邦訳の始めであるが,相前後して伝記の出版もみられた。翻訳や論文,著作によってルターを紹介し,研究を深めたのは石原謙と佐藤繁彦(とくに後者の《ローマ書講解に現れたルターの根本思想》)である。これにつづく岸千年のルターの《ヘブライ人への手紙》講義の研究(《ヘブル書講解におけるルターの神学思想》)や,すでに数ヵ国語に翻訳されている北森嘉蔵《神の痛みの神学》がある。…

※「佐藤繁彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐藤繁彦の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android