コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体育・スポーツ国際憲章 たいいくスポーツこくさいけんしょう International Charter of Physical Education and Sport

1件 の用語解説(体育・スポーツ国際憲章の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいいくスポーツこくさいけんしょう【体育・スポーツ国際憲章 International Charter of Physical Education and Sport】

1978年のユネスコ第20回総会で採択された体育・スポーツに関する国際的な宣言。ユネスコが1976年に開催した第1回青少年体育・スポーツ担当大臣会議の席上ではじめて制定の論議がなされた。77年の第1回体育・スポーツ暫定政府間会議で草案がつくられ,78年の第2回政府間会議での審議をへて採択された。宣言の内容は前文と10条からなる。まず,体育・スポーツの実践はすべての人にとっての基本的権利であることを強調し,体育・スポーツは生涯教育の重要な要素であること,プログラムの個人的・社会的要求への対応,指導者の有資格,十分な施設・設備の整備,研究と評価の重要性,情報および文書の普及徹底,マス・メディアの体育・スポーツへの積極的寄与,国際的組織や国際協力の重要性などが強調されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

体育・スポーツ国際憲章の関連キーワードユネスコ日本アンチ・ドーピング機構国際労働機関憲章社会権規約文化財不法輸出入等禁止条約ユネスコ条約ユネスコ・エコパーク国連子どもの権利条約ユネスコ無形文化遺産体育スポーツ国際憲章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone