コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体質性黄疸 たいしつせいおうだん

1件 の用語解説(体質性黄疸の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たいしつせいおうだん【体質性黄疸】

 遺伝的な原因で黄疸を生じる病気で、クリグラー・ナジャー症候群(しょうこうぐん)、ジルベール症候群、デュビン・ジョンソン症候群などがあります。
 クリグラー・ナジャー症候群は重い病気で治療が必要ですが、ほかのものは体調がくずれたときに黄疸が生じる程度で、ほとんど治療の必要はありません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の体質性黄疸の言及

【黄疸】より

…血清ビリルビンの正常値は,総ビリルビン0.2~0.8mg/dl,直接ビリルビン0.2mg/dl以下で,間接ビリルビンが優位を占める。 黄疸を考える場合に,肝前性黄疸,体質性黄疸,肝性黄疸,肝後性黄疸に分類すると,病態の理解が容易である。(1)肝前性黄疸 ビリルビンの過剰生成によるもので,溶血性貧血とシャント高ビリルビン血症が代表的な疾患である。…

※「体質性黄疸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone