コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何たる(読み)ナンタル

デジタル大辞泉の解説

なん‐たる【何たる】

[連体]非難・詠嘆などの気持ちを表す語。なんという。「何たる醜態」
[連語]どのようなものである。「学問の何たるかを知る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんたる【何たる】

〔「たる」は断定の助動詞「たり」の連体形〕
[1] ( 連体 )
強い驚き・詠嘆の気持ちを表す。非難の意を込めて使うことが多い。何という。 「 -ざまだ」 「 -失態だ」
どのような。 「先ノ世ニ-契リガゴザルカ/天草本平家 2
( 連語 )
何である。 「哲学の-かを学ぶ」 「人生の-やを知らず」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何たるの関連情報