何をなすべきか(読み)なにをなすべきか(英語表記)Chto delat’

世界大百科事典 第2版の解説

なにをなすべきか【何をなすべきか Chto delat’】

19世紀ロシアのインテリゲンチャにとってつねに心をさわがせた問いかけ。1863年チェルヌイシェフスキーは獄中で,同名の小説を書いた。これは〈新しい人たち〉の相互関係,道徳,生き方をベーラ・パブロブナという女性とその最初の夫ロプーホフ,第2の夫キルサーノフという3人を主人公として描いたものである。このほかに,彼らよりももっと徹底した生き方をするラフメートフという青年が描かれている。質素な生活をし,精神と肉体を鍛錬して拷問にも耐えられるようにする人物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何をなすべきかの関連情報