コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余程 ヨホド

デジタル大辞泉の解説

よ‐ほど【余程】

《「よきほど」の音変化。「余」は、江戸時代以降の当て字
[形動][文][ナリ]
よっぽど1」に同じ。「余程な事情があったのだろう」
よっぽど2」に同じ。
「花の跡けさは―の茂りかな/子珊」〈炭俵
[副]
よっぽど1」に同じ。「ゆうべは余程飲んだらしい」
よっぽど2」に同じ。「余程話してしまおうかと思った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よほど【余程】

〔「よきほど」の転。「余」は当て字〕
( 副 )
よっぽど 」に同じ。 「 -自信があるのだろう」
よっぽど 」に同じ。 「 -捨てようかと思ったがやめた」
ちょうどよい程度であるさま。 「是は-色付いた/狂言・瓜盗人 虎寛本
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「 -なことがないかぎり中止はできない」 「 -の自信があるとみえる」
に同じ。 「花の跡けさは-の茂りかな(子珊)/炭俵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余程の関連キーワード入れ込む・入れ籠む・入れ篭むおっこちる愚に返る回り気一向式練れる無鉄砲変ちき正覚坊手張る茂り残喘清朗断案金鍔菊座崇拝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余程の関連情報