余談(読み)よだん

精選版 日本国語大辞典「余談」の解説

よ‐だん【余談】

〘名〙 ほかの話。用件以外の話。本筋を離れた雑談
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「斯(かく)て物語り果てしかば、又もや(ヨダン)に押し移り」 〔陸游‐与趙都大

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「余談」の解説

【余談】よだん

用件外の話。・陸游〔趙都大に与ふる啓〕曲(つぶさ)に狂を怜(たの)しみ、自ら漂するを致す。(つね)に餘談に借して、爲にの一を經營す。

字通「余」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android