閑談(読み)かんだん

精選版 日本国語大辞典「閑談」の解説

かん‐だん【閑談】

〙 静かに物語ること。また、気ままにのんびりをすること。
※菅家文草(900頃)二・夏夜対渤海客、同賦月華臨静夜詩「閑談知照胆、莫勧折燈花
※俳諧・韻塞(1697)許六離別詞「其わかれにのぞみて、ひとひ草扉をたたいて、終日閑談をなす」 〔白居易‐病中友人相訪詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「閑談」の解説

かん‐だん【閑談】

[名](スル)
のんびりと静かに話をすること。閑語。「閑談して時を過ごす」
気楽な雑談。むだばなし。閑話。「閑談に興じる」
[類語](1会話話し合い対話対談談話懇話懇談面談歓談雑談談笑語らいカンバセーション/(2おしゃべり無駄話無駄口雑談よもやま話世間話駄弁放談余談長話閑話閑語井戸端会議

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android