コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作事始 さくじはじめ

1件 の用語解説(作事始の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さくじはじめ【作事始】

造作関係の仕事始めの儀式。古くは室町幕府年中行事として知られ,御評定始めの儀式と同じ正月11日であった。1540年(天文9)ころの《年中恒例記》や伊勢貞久の《公方様正月御事始之記》によると当日は御作事奉行,御普請奉行,御作事,右筆らが庭上に伺候し,畠山より被管人6人が出て小袖の上に白の帷子を着,かちんに染めた袴をはき,もっこに砂を入れ,御殿の正面にすえ,砂を御庭におく。御庭の者が5~6人出て砂をひろげその上をほうきではき,材木を飾り曲尺をあてて墨を引く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作事始の関連キーワード仕事始め初山入り仕事納め御事始め御湯殿の儀式事始め判始め連歌始め手斧始め内談始め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone