作事始(読み)さくじはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

さくじはじめ【作事始】

造作関係の仕事始め儀式。古くは室町幕府年中行事として知られ,御評定始めの儀式と同じ正月11日であった。1540年(天文9)ころの《年中恒例記》や伊勢貞久の《公方様正月御事始之記》によると当日は御作事奉行,御普請奉行,御作事,右筆らが庭上に伺候し,畠山より被管人6人が出て小袖の上に白の帷子を着,かちんに染めたをはき,もっこにを入れ,御殿の正面にすえ,砂を御庭におく。御庭の者が5~6人出て砂をひろげその上をほうきではき,材木を飾り曲尺をあててを引く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さくじ‐はじめ【作事始】

〘名〙 作事を始めるときに行なう儀式。特に、室町幕府の年中行事の作事始は、正月一一日に、普請始めについで行なった。御作事始
※在盛卿記‐長祿二年(1458)正月六日「御作事始日、今月十一日、時午未」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android