作事(読み)さくじ

精選版 日本国語大辞典「作事」の解説

さく‐じ【作事】

〘名〙
殿舎家屋などをつくり、また修繕すること。建築工事。
※薬師院文書‐大同二年(807)五月二二日・太政官牒「為理御在所、件工要須、寺察此状、早速進上。作事有期、勿闕怠
浮世草子・日本永代蔵(1688)六「やうやう願ひ叶ひ作事(サクシ)に取つき、所にては天晴棟高くおもひのままに作り立て」
② 動作、働きぶり。
随筆・約言問(1831か)二〇「或は人君之作事、或は日本の地理風土など、皆研究すべし」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
[補注]室町から江戸中期頃までは、普請土木工事、作事は建築工事をいった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「作事」の解説

さくじ【作事】

殿舎,邸宅等を築造すること。神社,仏閣の築造は室町時代とくに造営といった。また普請は築地,庭園の造作等の土木工事を指す語として用いられた。近世初頭の城郭建設においては,石垣工事等を普請,殿舎を建築することを作事といい,普請奉行作事奉行がそれぞれ指揮・監督した。しかしその後,江戸幕府作事奉行の職務が小普請奉行に分掌されるなど,作事と普請の語義上の差異はしだいにあいまいになった。【松尾 美恵子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「作事」の解説

【作事】さくじ

ことに処する。〔左伝、襄三十一年〕君子に在りて畏るべく、~度とすべく、旋則(のつと)るべく、容止るべく、作事法(のつと)るべし。

字通「作」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の作事の言及

【建築】より

…〈建築〉という用語は比較的新しく,1897年(明治30)に造家(ぞうか)学会が建築学会と改称してから公認されたもので,建築学者の伊東忠太がアーキテクチャーarchitectureに対応する新語として提案した。それまでは,土木建築工事一般を〈普請(ふしん)〉,建物に関する工事を〈作事(さくじ)〉と呼んでいた。アーキテクチャーとは,単なる建造物building,structureに対して,一定の芸術的様式をもつ建物一般をさす集合名詞であり,かつ,それらをつくりだす建築技芸の体系を意味する。…

※「作事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android