コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

係累/繋累 ケイルイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐るい【係累/×繋累】

[名](スル)
つなぎしばること。
心身を拘束するわずらわしい事柄。「―を断つ」
面倒を見なければならない親・妻子など。「―が多い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

係累/繋累の関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄淚・類・塁・壘・涙・累・類モスカト家の人びと首枷・頸枷・頚枷匹如身・単己松崎 鶴雄小平 浪平サスーン家纏縛・纒縛梅津政景身すがら嶋井宗室賀茂真淵匹如身トマス家累

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android