コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波々伯部保 ははかべ

2件 の用語解説(波々伯部保の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

波々伯部保【ははかべ】

丹波(たんば)国多紀(たき)郡にあった京都祗園(ぎおん)社感神(かんしん)院領。〈ほほかべ〉とも読む。現兵庫県篠山(ささやま)市域にあたる。1098年感神院の行円(ぎょうえん)が田地25町余をもって立保したが,国司(こくし)に認められず,収公されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ははかべのほ【波々伯部保】

丹波篠山(ささやま)盆地の東部(現,兵庫県多紀郡篠山町)に位置した京都祇園感神院の社領。1098年(承徳2)感神院大別当行円が,獲得したばかりの私領の田地25町8反余をもとに立保。この私領は,当地の田堵(たと)ら13人が感神院の封物を納める代りに,先祖相伝の田地を共同で行円に譲り渡したものであった。同時に田堵らは感神院の神人(じにん)となったが,国司はこの立保を認めず,まもなく田地は収公される。その後1130年(大治5)に至り,行円の跡を継いだ保司隆円が国司に造寺用の材木を納めた功により,保の復活を認められ,ついで久安年中(1145‐51)には一国平均役(いつこくへいきんやく)免除の宣旨も下された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

波々伯部保の関連キーワード青山忠誠篠山篠山盆地篠山市丹波高地ユニトピアささやま青山忠講市瀬禎太郎篠山資家田中如山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone