コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑公事 ざつくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑公事
ざつくじ

日本の荘園領主の収取する公事 (くじ) のうち,夫役 (ぶやく) を除いたさまざまの生産物税。当時の用語では万雑公事 (まんぞうくじ) ,雑々済物 (ぞうぞうなしもの) と呼ばれ,本来は律令制の調,庸,雑徭 (よう) と同じように人頭税として名主の負担であったが,名田の面積,種類に応じて賦課することも多かった。ぬか,わら,むしろなど耕作の副産物,野菜,漆,紙,麻,綿,糸,絹のような日用の特産物をはじめ,正月や節供のための用品も含まれた。鎌倉時代以後,「…銭」という名で銭納化されるようになり,江戸時代小物成,浮役 (うきやく) に転化したものとみられる。

雑公事
ぞうくじ

雑公事」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の雑公事の言及

【公事】より

…しかし公事の経済的負担の側面の比重が高まると,負担能力は土地(田畠)や家(在家)の数量で評価され,公事は田畠・在家数に基づいて課され,公事を負担する田畠・在家はとくに公事田,公事畠,公事屋等と呼ばれた。こうしてさまざまな公事が荘園,所領や国衙領の田畠・在家に課されるようになり,それらはあわせて〈雑公事〉とか〈万雑公事(まんぞうくじ)〉とかいわれた。雑公事が免除される田畠・在家もあったが,これらは免田,免畠,免在家と呼ばれ,特定の公事を務める人に対して報酬として免除されたものであって,その人はそれらの田畠・在家から雑公事分の得分を得ていた。…

※「雑公事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雑公事の関連キーワード名主(平安後期から中世)南北朝時代(日本)類題和歌集荘園市場品川氏一色田番頭制筑紫奥便補保人吉藩免家寄人領主番頭内得餅酒別名国役下地荒野

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android