信用毀損罪(読み)シンヨウキソンザイ

百科事典マイペディアの解説

信用毀損罪【しんようきそんざい】

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の信用を毀損する罪で,刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金(刑法233条)。信用とは,財産的性質と名誉的・人格的性質を併有したもので,人の支払能力または支払意思に対する社会的信頼をいう。同業者を誹謗(ひぼう)する文書をその取引先に郵送する行為業務妨害罪ないし本罪となり得る。→名誉毀損罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんようきそんざい【信用毀損罪】

虚偽のうわさを流し,または偽計を用いて人の信用を毀損する罪(刑法233条)。刑は3年以下の懲役50万円以下の罰金。例えば,同業者が破産寸前である旨の虚偽の内容の文書を取引先に郵送することなどがこれにあたる。ここでいう信用とは,経済的信用,すなわち人(自然人のほか,法人その他の団体を含む)の支払能力または支払意思に関する他人の信頼であると解されている。したがって,信用毀損罪は,信用という人に関する社会的評価を失墜させるおそれのある行為を行うことにより成立する点で名誉毀損罪と類似した性質を有するが,もっぱら経済的な評価に対する侵害であることから名誉毀損罪とは区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんようきそんざい【信用毀損罪】

虚偽の風説を流布したり偽計を用いたりして、人の経済活動に関する信用を失墜させる恐れのある行為をする犯罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用毀損罪
しんようきそんざい

虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて人の信用を毀損する罪で、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる(刑法233条前段)。本罪の「信用」とは、経済生活における社会的評価をさし、名誉毀損罪における「名誉」とは異なる。「虚偽の風説」とは、虚偽の内容を含んだうわさのことであり、「偽計を用いる」とは、欺罔(ぎもう)(あざむきだますこと)や計略により他人を錯誤に陥らせることをいう。本罪は、これらの手段により、他人の信用を現に低下させることを要せず、そのおそれのある状態を生じさせれば足りる(抽象的危険犯)。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

信用毀損罪の関連情報