コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俯す ウツブス

デジタル大辞泉の解説

うつ‐ぶ・す【×俯す】

[動サ五(四)]
顔やからだの前面を下に向けて伏すか倒れるかする。「ベッドに―・す」
下を向く。うつむく。
「伏し目になりて―・したるに」〈若紫
[動サ下二]うつぶせる」の文語形

ふ・す【×俯す】

[動サ変]うつむく。
「巫覡卜相(ふげきぼくそう)の徒の前に首(こうべ)を―・せんよりは」〈露伴運命

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うつぶす【俯す】

( 動五[四] )
顔を下にして腹ばいになる。うつぶせになる。 「大地に-・す」
頭を下に向ける。うつむく。 「ふしめになりて、-・したる/源氏 若紫
( 動下二 )

ふす【俯す】

( 動サ変 )
〔「伏す」と同源〕
うつむく。うつぶす。 「 - ・して下界を瞰れば/不二の高根 麗水

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

俯すの関連キーワード伏し目麗水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android