コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏せる フセル

デジタル大辞泉の解説

ふ・せる【伏せる】

[動サ下一][文]ふ・す[サ下二]
下の方に向ける。うつむかせる。また、腹ばいになる。「顔を―・せる」「マットの上に―・せる」
上や表になる側、開いた側などを下に向ける。また、そのようにして、置く。「カードを―・せて配る」「本を机の上に―・せる」「網を―・せて虫を採る」
潜ませる。隠す。「物陰に身を―・せる」
知れ渡らないようにする。隠す。「契約を―・せておく」「名前を―・せる」
横にする。寝かせる。また、倒す。
「御傍らに―・せ給へり」〈帚木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふせる【伏せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 ふ・す
物を、表あるいは口を下にして置く。うつむけに置く。 「皿を-・せて置く」 「トランプを-・せて配る」 「杯を-・せる」
自分の体や体の一部を下向きにする。うつぶせにする。うつむきにする。 ↔ 上げる 「地面に-・せて弾をよける」 「はずかしそうに顔を-・せる」 「目を-・せる」
人にわからないようにする。隠す。 「実名を-・せる」 「話を-・せておく」 「兵を-・せる」
横にする。倒す。 「弓を-・せて降参仕れ/保元 中・古活字本
人を隠れさせる。ひそませる。 「かの道に夜ごとに人を-・せて守らすれば/古今 恋三詞
衣類をつくろう。補修する。 〔日葡〕 〔「伏す」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伏せるの関連キーワード壺振り・壺振・壷振り・壷振打ち伏す・打伏す・打ち臥す飛鳥の摯つや其の首を俛すヒカゲツツジ(日陰躑躅)ユダ(ヤコブの子ユダ)祈り・祷り・禱りリドルストーリーコーヒー占い匿名逮捕状壺皿・壷皿モンステラ安達ヶ原転写平版ドラセナセッター死と乙女吉田健一横たわる甲斐ヶ嶺突っ伏す

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏せるの関連情報