コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借上 かしあげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

借上
かしあげ

「かりあげ」ともいう。鎌倉時代から室町時代初期の高利貸業者の呼称。借上はおもに交通の便のよい港湾都市に発達した。最初は米を貸したが,貨幣経済の発達につれてもっぱら金銭を貸すようになった。経済的に窮乏した鎌倉御家人は,借上から借りた金を返済できずに所領を借上に奪われる者も少くなかった。鎌倉幕府は借上を地頭,代官にすることを禁じたり,借上などに所領を売却することを禁じたが効果がなかったので,徳政令 (→徳政 ) を出して質入れされている所領を御家人へ無償返却することを命じた。しかしこの徳政令は借上から御家人への金融のみちをとざすことになったので,翌年には廃止された。借上は徳政があっても返却しない旨の徳政文言を取って,所領を抵当にした御家人への融資を行なった。室町時代になると借上の呼称はすたれ,土倉 (どそう) と呼ばれるようになった。

借上
かりあげ

江戸時代,幕府および諸藩が財政窮乏対策のために行なった減俸政策。借上の名はあるが,実質的には減俸分の補填がのちになって行われることはなかった。借上の率や方法は多種多様であったが,高禄の者ほど借上率を高くし,この政策の武家階級の家計への影響が少くなるような配慮はなされた。しかし,それにもかかわらずこの政策が,武家階級の生活を著しく圧迫したことは事実である。享保年間 (1716~36) ,8代将軍徳川吉宗が行った借上はことに有名で,このときは切米 (きりまい) 100俵につき金4両の割合で行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かし‐あげ【借上】

鎌倉から室町初期、高利で金銭を貸すこと。また、金銭を貸した金融業者。室町中期には土倉(どそう)とよばれる業者に移行。かりあげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

借上【かしあげ】

借上(かりあげ)

借上【かりあげ】

平安末期から南北朝期にかけての高利貸業者。〈かしあげ〉とも。鎌倉時代には地頭・御家人に無担保,高利で金を貸し付け,返済に苦しむ武士の経済を窮迫させた。室町時代には高利貸は土倉(どそう)と呼ばれた。
→関連項目悪党安東蓮聖有徳人高利貸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしあげ【借上】

平安末期から南北朝期にかけての高利貸業者の呼称。語義については2説ある。第1は,高い利率で銭を借り上げることから起こったとするもの。第2は,出挙(すいこ)の和訳で,借は出(かし),上は挙(あげ)とする。史料上の初見は1136年(保延2)の明法博士勘文案で,近江国日吉(ひえ)神社の神人(じにん)が所領荘園からの上分米を預かり,これを諸人に出挙していたというもので,借り手には下級官人や受領層が多く見られる。

かりあげ【借上】

江戸時代,諸藩が財政窮乏の打開策としてとったもので,家臣知行俸禄の一部を藩が借り上げること。本来は,期限を設けた一時的借入れであり,返済を建前としていたが,時期が下るにしたがって,借上げの期限もなくなり恒常的なものとなり,返済されることもほとんどなくなり,減知同様のものとなっていった。借上の比較的早い例としては,1674年(延宝2)に始まった若狭小浜藩の事例があるが,江戸中期以降,多くの藩でこの政策がとられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かしあげ【借上】

鎌倉時代から室町時代初期、高利貸し業者の称。のちの土倉どそう。かりあげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

借上の関連キーワード特定優良賃貸住宅供給促進制度借上げ公共賃貸住宅制度借上(しゃくじょう)借上(かしあげ)借上(かりあげ)有徳人(有得人)京都ホテル利息制限法俸禄制度因伯一揆伊達重村佐竹義和松平頼常江戸時代遅延利息恩田木工田代栄助給与住宅日暮硯秋田藩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

借上の関連情報