倶利伽羅峠の戦(読み)くりからとうげのたたかい

百科事典マイペディアの解説

倶利伽羅峠の戦【くりからとうげのたたかい】

礪波(となみ)山の戦とも。1183年源義仲平維盛(これもり)の平家10万の大軍を越中(えっちゅう)・加賀(かが)境の倶利伽羅峠で破った戦い。牛の角にたいまつをつけて平家軍を倶利伽羅谷に追い落とした《源平盛衰記》等の話は有名。
→関連項目礪波山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android