コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶利伽羅峠の戦 くりからとうげのたたかい

百科事典マイペディアの解説

倶利伽羅峠の戦【くりからとうげのたたかい】

礪波(となみ)山の戦とも。1183年源義仲平維盛(これもり)の平家10万の大軍を越中(えっちゅう)・加賀(かが)境の倶利伽羅峠で破った戦い。牛の角にたいまつをつけて平家軍を倶利伽羅谷に追い落とした《源平盛衰記》等の話は有名。
→関連項目礪波山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

倶利伽羅峠の戦の関連キーワード鎌倉幕府寿永後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久鎌倉時代

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倶利伽羅峠の戦の関連情報