コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶利伽羅峠 くりからとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倶利伽羅峠
くりからとうげ

富山県小矢部市と石川県津幡町の境にある旧北陸街道の峠。標高 277m。砺波山 (となみやま) を越えて越中と加賀を結ぶ交通の要衝であった。軍事上も重視され,寿永2 (1183) 年源義仲平維盛の率いる平家の軍勢を火牛の計を用いて破った礪波山の戦いをはじめ,承久3 (1221) 年の北条勢と後鳥羽上皇方との戦い,天正 13 (1585) 年豊臣秀吉,前田氏の佐々成政討伐があった。北陸街道は 1878年やや北方の天田峠につけ替えられた。 JR北陸本線,国道8号線は天田峠をトンネルで抜けているが,倶利伽羅トンネルと呼ばれる。峠一帯は倶利伽羅県定公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

倶利伽羅峠【くりからとうげ】

富山県小矢部市と石川県津幡町の間にある旧北陸街道の峠。標高277m。付近の山地や谷は倶利伽羅峠の戦で有名。現在,北の天田(あまだ)峠を国道8号,IRいしかわ鉄道が通じる。
→関連項目小矢部[市]津幡[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(石川県)〕倶利伽羅峠(くりからとうげ)


富山県小矢部(おやべ)市と石川県津幡(つばた)町の境にある峠。五社権現(ごしゃごんげん)を祀(まつ)る県境の丘は標高277m。古代から北陸道が通じた要衝で、古くは砺波(となみ)山とよばれた。現在は北約1.5kmを国道8号・JR北陸本線がトンネルで抜ける。峠近くに倶利伽羅不動寺がある。平安末期の1183年(寿永2)、源義仲(みなもとのよしなか)が平維盛(たいらのこれもり)を「火牛の計」で打ち破った猿ヶ馬場(さるがばんば)古戦場は県境の東約400mの富山県側にある。春のサクラ、秋の紅葉が美しく、ハイキングコースとなる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倶利伽羅峠
くりからとうげ

石川県河北(かほく)郡津幡(つばた)町と富山県小矢部(おやべ)市との県境にある峠。宝達(ほうだつ)丘陵の南端にあり、標高260メートル。両県を結ぶ交通の要地として古くから開けたが、標高のわりに交通障害をなしてきた。604年(推古天皇12)の開道と伝え、江戸時代は北国(ほっこく)街道が通り、麓(ふもと)に宿場町が発達した。峠付近に倶利迦羅竜王を祀(まつ)る倶利伽羅不動寺と手向(たむけ)神社、五社権現(ごんげん)が祀られている。1183年(寿永2)木曽義仲(きそよしなか)が平家を火牛の戦法で破った古戦場が付近にあり、「義仲の寝ざめの山か月かなし」の芭蕉(ばしょう)句碑もある。1878年(明治11)新道が北方1キロメートルの天田(あまだ)峠に開かれ、この道はさびれた。1898年北陸線のトンネルが貫通したが、1000分の20の急勾配(こうばい)で機関車2両を使用した。1962年(昭和37)国鉄(現JR)は下方に新トンネルを建設し、旧トンネルは国道8号が利用する。峠一帯は眺望に優れ、ハイキングコース。あいの風とやま鉄道(旧、JR北陸本線)石動(いするぎ)駅から倶利伽羅不動寺前までバス(月1回。不動の縁日である毎月28日に運行)、下車後徒歩。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

倶利伽羅峠の関連キーワード埴生護国八幡宮富山県小矢部市小矢部(市)津幡(町)源平盛衰記倶利伽羅谷礪波山の戦藤原景家藤原景高宝達丘陵津幡城楯親忠石動

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倶利伽羅峠の関連情報