コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側目 ソクモク

デジタル大辞泉の解説

そく‐もく【側目】

[名](スル)目をそばだてること。よく注意して見ること。
「蓋(けだ)し進化の理のしからしむる所、―怪訝すべき事にはあらねど」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

そば‐め【側目】

わきの方から見ること。第三者として見ること。また、その見えるようす。はた目。「側目には上品に見える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくもく【側目】

( 名 ) スル
正視しないで、横目・伏し目で見ること。また、脇の方から見ること。 「 -怪訝すべき事にはあらねど/未来の夢 逍遥

そばめ【側目】

かたわらから見ること。また、第三者の目。はため。
横顔。 「御額髪の、やうやう濡れゆく御-、あてになまめかし/源氏 若菜上
[句項目] 側目にかく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

側目の関連キーワード卽・仄・促・側・則・即・塞・息・惻・捉・束・測・熄・足・速紫柏真可思ひ当つ見過ぐす伏し目

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android