コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶有性 ぐうゆうせいaccident

翻訳|accident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶有性
ぐうゆうせい
accident

偶性ともいう。哲学史ではアリストテレスが初めて用語化したが,彼にあってはそれは存在者の一つのあり方を示す語として,それ自身においてあるあり方と対立的に用いられる。かかる意味はのちに実体と対置されるようになっても保たれており,偶有性は実体の現象様態を示している。しかし偶有性のもつ偶然的意味については,スピノザによって否定され,またライプニッツもその充足理由においてこの傾向を示すが,関係のカテゴリーとして実体に対する偶有性をおいたカントでは批判哲学の立場から独自の見解が述べられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐうゆうせい【偶有性】

〘哲〙 事物の本質的でない性質。その性質の有無が、事物の何であるかに影響しないような性質。例えば、人間にとっての「色白である」という性質。付帯性。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偶有性
ぐうゆうせい

アリストテレスの用語で、endekomenonの訳語。存在することもしないこともありうるものの在り方をいう。ラテン語ではcontingensという。論理的には「その存在が必然ではないが、それが存在するとしても、そのゆえに、いかなる不可能も生じてこないもの」と定義される。必然性に対する。必然的なものについては論証と理論的知識が成り立つが、偶有的なものについてはこれが成り立たない。
 偶有性は、形相と質料から合成される存在事物(感覚的個物)の在り方である。質料は偶有性を本性とするからである。この偶有なる個物にかかわることによって、行為とすべての実践的知識が成り立つ。行為は、存在することもしないこともありうる存在事物のうちに、或(あ)る目的を実現することであり、実践的知識はこの行為を導くものだからである。中世の形而上(けいじじょう)学は、創造者である神を必然存在とし、すべての被造物を偶有存在とする存在把握を根幹とする。偶有存在の現存の事実から、その存在の原因として必然存在である神の現存を推論する道は、トマス・アクィナスの神の現存証明の第三の道である。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の偶有性の言及

【西洋哲学】より

…しかしここでも,そうした無規定的な個物の〈がある(ト・ホティ・エスティン)〉という存在が,〈である(ト・ティ・エスティン)〉という存在によって補われてはじめてまったき存在者になると考えられているわけであり,そこには二つの〈ある〉の不安定な葛藤がうかがわれる。この〈ヒュポケイメノン〉がラテン語ではsubjectum(下に投げ出されてあるもの)と訳され,〈シュンベベコス〉がaccidens(偶有性)と訳されて,〈基体‐属性〉というこのとらえ方は中世のスコラ哲学や,さらには近代哲学にもそのまま受けつがれてゆくのである。
【主観‐客観と主体‐客体】
 〈ヒュポケイメノン〉のラテン訳であるsubjectumという言葉は,スコラ哲学や近代初期の哲学においては,それ自体で存在し,もろもろの作用・性質・状態を担う〈基体〉という意味で使われていた。…

※「偶有性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

偶有性の関連キーワードニコラウス[オートルクール]ギリシア哲学/用語イブン・シーナーグリマルディニヒリズム付帯性事物性質属性本質虚偽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偶有性の関連情報