コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾斜家賃制度 けいしゃやちんせいど

3件 の用語解説(傾斜家賃制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾斜家賃制度
けいしゃやちんせいど

一定期間,毎年少しずつ高くしていく公団の家賃制度。従来,公団の家賃は均等割であったが,昨今の用地・建設費の高騰により,特に入居初期の家賃が高くなって入居者負担が増大している。そこで最初は低く抑え,その後は賃金アップに応じて家賃を高くするという制度が導入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいしゃやちん‐せいど【傾斜家賃制度】

賃貸住宅で、入居当初の家賃を低く抑え、その後、一定期間にわたって毎年高くしていく家賃制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

けいしゃやちんせいど【傾斜家賃制度】

賃貸住宅の入居時の家賃を低く設定し、年を経るとともに一定の割合で上げていく制度。居住者の初期の負担を軽くすることで、入居対象者の拡大をはかる。日本住宅公団(現都市再生機構)が、1970(昭和45)年から採用、1976(昭和51)年より公団のすべての新築住宅に適用された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傾斜家賃制度の関連キーワード高齢者円滑入居賃貸住宅高齢者専用賃貸住宅スケルトン賃貸住宅日本賃貸住宅管理協会見做し仮設住宅フリープラン賃貸住宅制度UR賃貸住宅高齢者の居住の安定確保に関する法律家賃保証業務民間賃貸住宅の借り上げ制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone