兄様(読み)にいさん

精選版 日本国語大辞典「兄様」の解説

にい‐さん【兄様】

〘名〙
① (「にいさま(様)」の変化した語) 兄をい親しんで呼ぶ語。また、若い男性を親しんで呼ぶ場合にも用いる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「サアサア、兄(ニイ)さんも鶴(つう)も哥をうたひな」
② 芸者などの経験を積んだ者を「姉(ねえ)さん」と呼ぶのに対して、その連れ合いを呼ぶ語。〔新しき用語の(1921)〕

あに‐さん【兄様】

〘名〙 (「さん」は接尾語)
① 兄を親しみ敬っていう語。
洒落本・妓者呼子鳥(1777)三「げいしゃのあにさんは大かたていしさ」
② 江戸の遊里で、引手茶屋船宿のむすこなどをいう語。
※洒落本・魂胆惣勘定(1754)上「あにさんとは、茶屋船宿のむすこ。或は兄弟の事なり」
③ 落語家など芸人の間で、兄弟子や先輩などを呼ぶ語。

あに‐さま【兄様】

〘名〙 (「さま」は接尾語) 兄を敬っていう語。
※咄本・鹿の巻筆(1686)五「兄(あに)様の了簡(りゃうけん)
※大つもごり(1894)〈樋口一葉〉下「それ兄様(アニサマ)のお帰り」

にい‐さま【兄様】

〘名〙 (「さま」は接尾語) 兄を敬って呼ぶ語。「にいさん」よりやや改まったいい方。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉四「兄様(ニイサマ)此字は何と読みますると」

あん‐さん【兄様】

〘名〙 若い男を親しみ敬って呼ぶ語。
※犬喧嘩(1923)〈金子洋文〉三「忠さんは与平に向って幾度もあんさんをふりまいた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android