コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先端巨大症 せんたんきょだいしょうacromegaly

翻訳|acromegaly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先端巨大症
せんたんきょだいしょう
acromegaly

鼻,唇,頬骨,指や一部の関節などの末端や尖頭部が異常に発育する病気。アクロメガリー,先端肥大症,末端肥大症,巨端症ともいう。内臓の肥大も起こる。性器は逆に萎縮し性感は低下する。下垂体前葉にエオジン好性腺腫が生じることが主因で,成長ホルモンの分泌が思春期以降に過剰になることから起こる。1886年フランスの神経科医ピエール・マリが命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんたんきょだい‐しょう〔‐シヤウ〕【先端巨大症】

脳下垂体に良性腫瘍(しゅよう)ができて成長ホルモンの分泌が過剰となり、手足の指先や前額部、下あごなどの骨が太くなる病気。成長期を過ぎてから起こったものをいう。アクロメガリー。末端肥大症。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先端巨大症
せんたんきょだいしょう

成長ホルモンの過剰分泌が成人してからおこると、体の先端部(指、足指、鼻、耳、あご、前額など)が肥大してくる。これを先端巨大症あるいは末端肥大症という。特有な顔貌(がんぼう)を呈するほか、自覚症状としては、靴のサイズが大きくなったり、指輪が小さくなって入らなくなったり、入れ歯をつくりかえてもまたすぐ合わなくなったりする。汗をかきやすく、頭痛、視力低下、難聴、性機能障害(インポテンスや月経不順)がみられ、また糖尿病や高血圧がみられることもある。原因は、下垂体前葉に好酸性細胞の腫瘍(しゅよう)ができ、そこから成長ホルモンが多量に分泌されるためである。この腫瘍が思春期前にできると巨人症となる。治療は手術によって腫瘍を摘出することであるが、腫瘍を残らず全部摘出することは困難なことが多い。しかし、手術により視力をはじめ多くの自覚症状が改善される。そのほか薬物療法や放射線療法も行われる。[高野加寿恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

先端巨大症の関連キーワード下垂体機能亢進症トルコ鞍部腫瘍二次性糖尿病下垂体腺腫下垂体前葉末端巨大症脳下垂体自覚症状骨粗鬆症膵臓難病

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android