コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下垂体腺腫 カスイタイセンシュ

2件 の用語解説(下垂体腺腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすいたい‐せんしゅ【下垂体腺腫】

脳の下垂体にできる腫瘍。多くは良性。プロラクチン成長ホルモン副腎皮質ホルモンなどを過剰に分泌するものと、視神経を圧迫し視野障害を起こすものとがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下垂体腺腫
かすいたいせんしゅ

頭蓋(とうがい)内に発生する脳腫瘍(しゅよう)の一種。原発性で、脳下垂体前葉に発生する腺腫であり、ほぼすべてが良性腫瘍とされる。2009年(平成21)の脳腫瘍全国集計調査報告では原発性脳腫瘍の18.2%を占め、3番目に発生頻度が高い。成人(とくに女性)、高齢者に多く発症するが小児にみられることもある。特定のホルモンを産生する機能性腺腫(分泌性腺腫)と、まったく産生しない非機能性腺腫(非分泌性腺腫)とに大きく分けられ、後者の発生頻度が高い。機能性下垂体腺腫では、特定のホルモンの過剰分泌に特有の症状が現れるため、腫瘍が増殖する前に診断が下されることもあるが、非機能性の場合にはホルモン過剰症状はみられず、多くは腫瘍が増殖して下垂体の直上にある視神経を圧迫し視力障害や視野狭窄(きょうさく)を起こすことで診断される。年齢別には、小児に機能性、高齢者に非機能性のものが多くみられる。機能性下垂体腺腫の代表的なものに、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ、無月経・乳汁漏出症候群)、成長ホルモン産生下垂体腺腫(先端巨大症、巨人症)、副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫(クッシング症候群、ネルソン症候群)があり、まれに甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫(バセドウ病に似た症状)、性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫(性欲低下)などがみられる。治療は手術が基本となるが、開頭術以外に副鼻腔(びくう)から経鼻的に脳下垂体に到達する経蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)的手術なども行われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下垂体腺腫の関連キーワードシモンズ病下垂体後葉下垂体前葉下垂体摘出下垂体ホルモン下垂体門脈系高プロラクチン血視床下部下垂体系陰茎腫瘍インシュリノーマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下垂体腺腫の関連情報