下垂体腺腫(読み)カスイタイセンシュ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下垂体腺腫
かすいたいせんしゅ

頭蓋(とうがい)内に発生する脳腫瘍(しゅよう)の一種。原発性で、脳下垂体前葉に発生する腺腫であり、ほぼすべてが良性腫瘍とされる。2009年(平成21)の脳腫瘍全国集計調査報告では原発性脳腫瘍の18.2%を占め、3番目に発生頻度が高い。成人(とくに女性)、高齢者に多く発症するが小児にみられることもある。特定のホルモンを産生する機能性腺腫(分泌性腺腫)と、まったく産生しない非機能性腺腫(非分泌性腺腫)とに大きく分けられ、後者の発生頻度が高い。機能性下垂体腺腫では、特定のホルモンの過剰分泌に特有の症状が現れるため、腫瘍が増殖する前に診断が下されることもあるが、非機能性の場合にはホルモン過剰症状はみられず、多くは腫瘍が増殖して下垂体の直上にある視神経を圧迫し視力障害や視野狭窄(きょうさく)を起こすことで診断される。年齢別には、小児に機能性、高齢者に非機能性のものが多くみられる。機能性下垂体腺腫の代表的なものに、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ、無月経・乳汁漏出症候群)、成長ホルモン産生下垂体腺腫(先端巨大症、巨人症)、副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫(クッシング症候群、ネルソン症候群)があり、まれに甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫(バセドウ病に似た症状)、性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫(性欲低下)などがみられる。治療は手術が基本となるが、開頭術以外に副鼻腔(びくう)から経鼻的に脳下垂体に到達する経蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)的手術なども行われている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下垂体腺腫の関連情報