コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨人症 きょじんしょう gigantism

翻訳|gigantism

6件 の用語解説(巨人症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨人症
きょじんしょう
gigantism

全身が平均人よりはるかに巨大に発育する疾患。日本人の場合は,身長 2m以上を一応の基準にしている。下垂体前葉から成長ホルモンが過剰に分泌されることによるといわれる。 (→エオジン好性腺腫 )  。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょじん‐しょう〔‐シヤウ〕【巨人症】

成長ホルモンの分泌過剰のため、四肢の骨が長くなり、身長が異常に伸びる病気。成長期以降に起こった場合には先端巨大症となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

巨人症

 →末端肥大症

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょじんしょう【巨人症 gigantism】

平均身長を著しく超え,異常な発育をする病気。主として脳下垂体の機能の病的な亢進によって,成長ホルモン(GH)が過剰に分泌された結果によると考えられている。身長が全体の平均値より,標準偏差の3倍以上であるときに,この病気が疑われる。きわめてまれな病気で,女よりも男に多い。病因は,成長ホルモンの過剰により,成長が促進され,通常合併する性腺機能の低下のために骨端線が閉鎖せず,遅くまで成長を続けるためと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょじんしょう【巨人症】

身長が通常の値を超え、2メートル 以上になる病気。発育期における脳下垂体前葉からの成長ホルモンの過剰分泌が原因。巨大症。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨人症
きょじんしょう

身長が異常に伸びて、同性同年齢平均身長の標準偏差の3倍以上高くなった場合をいうが、代表的なものは下垂体性巨人症である。脳の下垂体から分泌される成長ホルモンの異常増加が、骨の成長する骨端線閉鎖以前、いわゆる二次性徴(すなわち男性では声変わりがおこったりひげが生え、女性では月経が始まるなど)が現れる前におこると、骨が長軸方向に伸び続けて巨人症となる。また、下垂体の腫瘍(しゅよう)によって性腺(せいせん)刺激ホルモンの分泌不全がおこり、骨端線の閉鎖期が遅れると、骨はさらに伸び続けて2メートル以上になるものもある。
 下垂体性巨人症は、成長ホルモンを分泌する下垂体前葉の好酸性細胞の腺腫(せんしゅ)によることが多い。症状としては、幼児期にすでに標準以上の発育の徴候があり、10~15歳で著しく身長が伸びる。体の各部位は一般に均衡がとれてはいるが、胴体よりも四肢の発育がさらによいため、上半身より下半身が長くなる。発育期が過ぎると、先端巨大症の症状もみられるようになり、体の末端部が肥大する。糖の忍容力(糖排泄閾値(はいせついきち))が低く、糖尿病状態を伴うこともある。治療をせず放置すると、20歳を過ぎるころから、下垂体のほかの細胞が腫瘍のために圧迫されて分泌不全をおこし、下垂体機能低下症の症状を呈するようになり、感染症にもかかりやすく、進行性衰弱などのため、比較的若いうちに死亡することが多い。なお、血液中の成長ホルモンを測定すると異常に増加していることで診断されるが、下垂体腫瘍を確認するため頭部のMRI(磁気共鳴映像法)検査も行われる。治療は、早期に手術して腫瘍を摘出するのが理想的だが、腫瘍が大きくなって手術不可能の場合や軽症の場合には放射線療法や薬物療法が行われる。[高野加寿恵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巨人症の言及

【手】より

…マルファン症候群の患者などに〈蜘蛛(くも)指〉という指の長い手を見るが,指を蜘蛛の長脚にたとえた名称である。巨人症などでは手も大きく,すでに松浦静山《甲子(かつし)夜話》には手首より中指先まで約29cmある身長7尺3寸(約2m20cm)の釈迦嶽(しやかがたけ)という力士の手形の話がある。釈迦が手を自在に大きくした話は《西遊記》にあり,孫悟空がひと跳び10万8000里をいく觔斗雲(きんとうん)を駆って,いかに飛んでも釈迦の手掌から出られなかった。…

【末端肥大症】より

…同時に手足も大きくなり,さらに頭痛,関節痛,無月経を伴い,高血圧,糖尿病などの合併症があることが多い。脳下垂体の機能亢進はほとんどが腫瘍によるもので,成長ホルモンの過剰分泌が少年期以前の骨端線閉鎖以前に起こると巨人症になり,それ以後に起こると,末端肥大症となる。検査では,血中成長ホルモンの著しい増加と,トルコ鞍の拡大がみられる。…

※「巨人症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨人症の関連キーワード過熟児度が過ぎる低形成腎アセトン血アミノ酸過剰細菌発育阻止作用身長係数ゼアラレノン伴性低リン酸血性くる病ビタミンD抵抗性くる病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone