コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光市・母子殺害 ひかりしぼしさつがい

1件 の用語解説(光市・母子殺害の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

光市・母子殺害

1999年4月14日午後9時半ごろ、山口県光市アパートで、本村洋さんの妻(当時23)と生後11カ月の長女が殺されているのが見つかった。山口県警は同月18日、光市内に住む会社員の少年(当時18)を殺人容疑で逮捕。99年12月22日に山口地裁であった論告求刑公判で、検察側は「犯行は冷酷、残虐で過去類例を見たことがない。死刑以外を求刑しても国民の理解は得られない」と死刑を求刑した。だが同地裁は2000年3月の判決公判で、「身勝手、自己中心的で酌量の余地はないが、殺害に計画性はなく、更生の可能性がないとはいいがたい」と無期懲役を言い渡した。この判決によると、殺人と強姦致死、窃盗の罪に問われた少年は4月14日午後2時半ごろ、排水検査を装って部屋に入り込み、妻を強姦しようとし、抵抗されたため両手で首を絞めるなどして殺した。泣き叫んだ長女を床にたたきつけ、ひもで首を絞めるなどして殺害し、小銭が入った妻の財布を盗んだ。検察側は控訴し、02年1月の広島高裁控訴審でも死刑を求刑。同年3月の判決で、同高裁は一審判決を支持した。広島高検はこれを不服として上告した。最高裁第三小法廷は05年12月、検察、弁護側双方の意見を聴く弁論を06年3月14日に開くことを決定。ところが弁論当日、被告の弁護人らが出廷しなかったため弁論を開けず、4月18日に延期された。第三小法廷は、弁護士に対し、4月18日の弁論期日には必ず出席し、最後まで在席するよう求める出頭在廷命令を3月15日付で出した。6月20日、最高裁第三小法廷は2審広島高裁判決を破棄し、審理を差し戻す判決を言い渡した。この時25歳の元少年について「責任は誠に重大で、特に酌むべき事情がない限り死刑を選択するほかない」と指摘し、差し戻し審で死刑が言い渡される公算が大きくなった。少年法の規定では、18歳未満の少年に死刑は言い渡せない。18歳以上であっても少年に死刑を言い渡す例は少なく、犯行時少年の被告に対する死刑判決が確定したのは過去3件だけ。第三小法廷は「強姦目的で主婦を殺害し、犯行発覚を恐れ、いたいけな幼児までも殺害し悪質だ」と指摘した。犯行時18歳と30日の年齢については「死刑を判断すべき決定的な事情とまではいえない」とし、2審判決を「量刑は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」と結論づけた。

(緒方健二 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

光市・母子殺害の関連キーワード創造性ホンダ ジョルノクレア学校給食公庫交通事故自立活動スペイン映画南西諸島文学賞メカトロニクス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光市・母子殺害の関連情報