コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光悦茶碗 こうえつちゃわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光悦茶碗
こうえつちゃわん

本阿弥光悦の作った楽茶碗。光悦楽焼ともいう。技法を楽焼常慶と吉兵衛に学び,京都の鷹ヶ峰移住の元和1 (1615) 年以降に制作した。へら使いが鋭く,個性的な作品が多い。酒井家蔵の国宝『楽焼白片身替茶碗』 (銘,不二山) が代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光悦茶碗
こうえつぢゃわん

桃山・江戸初頭を代表する文化人、本阿弥(ほんあみ)光悦がつくった茶碗。光悦は刀剣の目利きなどを家職とする京都の名門本阿弥家の分家に生まれたが、むしろ本人は家業を離れて趣味三昧(ざんまい)に生きたと推測される。京都の文化人との交流を深め、1615年(元和1)には鷹峯(たかがみね)を徳川家康から拝領し、鷹峯山隠士大虚庵(たいきょあん)を称して、作陶に手を染めたらしい。わび茶の楽(らく)茶碗づくりを家職とする楽吉左衛門常慶と親交を結び、手捏(てづく)ねの楽茶碗づくりを開始したらしいことが彼の手紙から判断される。光悦は、黒楽、赤楽、飴釉(あめゆう)、白楽などの釉薬を楽家の伝統に従って調合したり、楽家その他から入手し、自由無碍(むげ)な造形精神により、個性の赴くままに一碗一碗心のこもった名作をつくりあげた。それぞれに銘がつけられて伝世しており、「不二山(ふじさん)」(国宝)、「加賀光悦」「雨雲」「雪峰(せっぽう)」(以上重要文化財)、「七里(しちり)」「時雨(しぐれ)」「毘沙門堂(びしゃもんどう)」「乙御前(おとごぜ)」などが彼の作であると折紙をつけられている。[矢部良明]
『林屋晴三編『日本陶磁全集22 光悦ほか』(1977・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光悦茶碗の関連キーワード光悦

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android