コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入船亭扇橋(9世) いりふねていせんきょう[きゅうせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入船亭扇橋(9世)
いりふねていせんきょう[きゅうせい]

[生]1931.5.29. 東京,青梅
落語家。本名橋本光永。埼玉県立飯能高校中退。2世広沢虎造に憧れて浪曲師(→浪花節)を志すが断念。浪曲作家,水野春三の勧めで落語家となる。1957年 3世桂三木助に入門,前座名は桂木久八。1961年三木助が亡くなり,三木助とは兄弟分だった 5世柳家小さんの門下に移る。同 1961年二つ目昇進,柳家さん八と改名。1970年真打ちに昇進し,9世入船亭扇橋を襲名。三木助譲りの『ねずみ』『人形買い』,小さん譲りの『ろくろ首』のほか,『藁人形』『鰍沢』などを得意とする。寄席では『二人旅』『道具屋』で子供の歌を入れたり,飄々とした高座が味わい深い。同じ小さん門下に 10世柳家小三治がおり,小三治,桂文朝との勉強会『三人ばなし』は長く開催された。趣味は俳句で,中学時代から水原秋桜子に師事,「光石」の俳号をもつ。東京やなぎ句会では宗匠を務めている。著書(長井好弘による聞き書き)に『噺家渡世 扇橋百景』(2007)がある。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

入船亭扇橋(9世)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆