コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家小三治(10世) やなぎやこさんじ[じっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳家小三治(10世)
やなぎやこさんじ[じっせい]

[生]1939.12.17. 東京
落語家。本名郡山剛蔵。青山高校卒業。学生時代にラジオ『しろうと寄席』で 15週勝ち抜き。1959年 5世柳家小さんに入門し,前座名は柳家小たけ。1963年二つ目に昇進し,柳家さん治と改名。1969年真打ちに昇進し,10世柳家小三治を襲名。古典落語の本格派として邁進,国立劇場で行なわれる『落語研究会』のレギュラーに抜擢される。その間,『お好み演芸会』(日本放送協会 NHK)の大喜利司会などテレビでも活躍。1981年芸術選奨文部大臣新人賞,2004年芸術選奨文部科学大臣賞,2005年紫綬褒章。2009年ドキュメンタリー映画『小三治』が公開される。2010年落語協会会長就任。得意ネタは『芝浜』『死神』『野ざらし』『大山詣り』『小言念仏』『二人旅』『金明竹』など多数。『ドリアン騒動』など,落語の導入部にこだわりのあれこれを語るマクラ(枕)も魅力。著書『ま・く・ら』(1998),『落語家論』(2001)など。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

柳家小三治(10世)の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android