コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰍沢 かじかざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰍沢
かじかざわ

山梨県西部,富士川町南部の旧町域。甲府盆地の南西に位置する。1896年町制。1955年五開村と合体。1956年大同村の一部を編入。2010年増穂町と合体して富士川町となった。中心集落の鰍沢は釜無川笛吹川の合流点右岸にあり,慶長17(1612)年,角倉了以富士川水運を開くと,付近の青柳,黒沢とともに甲府盆地入口の河港となった。駿州街道の宿場町でもあり,釜無川,笛吹川流域の生糸,木材,木炭や東海地方からの塩をはじめとする海産物などの積み替えでにぎわった。川舟八百八艘といわれ,河岸には運送店,海産物商,塩屋,穀物商,旅館などが立ち並んだ。明治以後,中央本線,身延線の開通により水運は衰微し,一帯の商業中心地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かじかざわ〔かじかざは〕【鰍沢】

山梨県西部、南巨摩(みなみこま)郡富士川町の地名。富士川の河港として発達。雨畑(あまばた)すずりを特産。十谷(じっこく)温泉がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鰍沢(かじかざわ)

古典落語の演目のひとつ。初代三遊亭圓朝の作。三題ばなしで、題は「小室山の御封(ごふう)、玉子酒、熊の膏薬」。「鰍沢雪の酒宴」「鰍沢雪の夜噺」「月の輪お熊」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

鰍沢の関連キーワード富士川(山梨県・静岡県の川)富士川(静岡県の旧町名)三遊亭 円生(4代目)山梨県南巨摩郡富士川町落語の「落ち」の種類橘家 円喬(4代目)鰍沢(山梨県の地名)入船亭扇橋(9代)入船亭扇橋(9世)三題咄・三題噺甲西(山梨県)岩淵(静岡県)秋山 秋紅蓼望月 百合子鰍沢(落語)富士川(町)富士川[町]富士川舟運三遊亭円生落語の演題

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰍沢の関連情報