コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰍沢(読み)かじかざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰍沢
かじかざわ

山梨県西部,富士川町南部の旧町域。甲府盆地の南西に位置する。1896年町制。1955年五開村と合体。1956年大同村の一部を編入。2010年増穂町と合体して富士川町となった。中心集落の鰍沢は釜無川笛吹川の合流点右岸にあり,慶長17(1612)年,角倉了以富士川水運を開くと,付近の青柳,黒沢とともに甲府盆地入口の河港となった。駿州街道の宿場町でもあり,釜無川,笛吹川流域の生糸,木材,木炭や東海地方からの塩をはじめとする海産物などの積み替えでにぎわった。川舟八百八艘といわれ,河岸には運送店,海産物商,塩屋,穀物商,旅館などが立ち並んだ。明治以後,中央本線,身延線の開通により水運は衰微し,一帯の商業中心地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かじかざわ〔かじかざは〕【鰍沢】

山梨県西部、南巨摩(みなみこま)郡富士川町の地名。富士川の河港として発達。雨畑(あまばた)すずりを特産。十谷(じっこく)温泉がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鰍沢(かじかざわ)

古典落語の演目のひとつ。初代三遊亭圓朝の作。三題ばなしで、題は「小室山の御封(ごふう)、玉子酒、熊の膏薬」。「鰍沢雪の酒宴」「鰍沢雪の夜噺」「月の輪お熊」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰍沢の関連情報