コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入野浜 いりのはま

世界大百科事典 第2版の解説

いりのはま【入野浜】

高知県西部,大方町にある長さ3km,幅100mほどの砂浜海岸。浜の背後には樹齢300年を越すクロマツを主体とした混交林があり,入野松原といわれる。天正年間(1573‐92)長宗我部元親により植林されたものと伝えられており,1928年国の名勝,また56年には県立自然公園の指定を受けた。浜には美しい模様の貝殻をもつコタマガイ(俗名小袖貝)を産し,尊良(たかよし)親王にまつわる哀話を残す。【正木 久仁】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入野浜
いりのはま

高知県西部、幡多(はた)郡黒潮町にある土佐湾に臨む海岸。延長3キロメートルに及ぶ白砂青松の浜で、遠浅ではあるものの、離岸流のため海水浴には適さず遊泳禁止となっていたが、沖合いに海中堤防が建設され、2004年(平成16)より一部で海水浴ができるようになった。砂浜はラッキョウ栽培に利用されている。背後にはクロマツ数十万本を主にした保安林(90ヘクタール)があり、入野松原とよばれ、国指定名勝となっている。松原は長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)の時代につくられた防潮林といわれ、樹齢300年を超す巨木も多く、その後も補植が行われてきた。1972年(昭和47)県指定の土佐西南大規模公園の主要部として整備された。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

入野浜の関連キーワード東海道本線東武鉄道低速度層大島川湯[温泉]八上城跡岩手山近畿日本鉄道成田線阪急電鉄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android