入間市(読み)いるま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入間〔市〕
いるま

埼玉県南部,武蔵野台地北西端および加治丘陵の一部を占める市。 1966年武蔵町が改名して市制。 67年西武町を編入。市街地はかつての脇往還 (日光裏街道) の宿駅扇町屋で,南は八王子や青梅方面へ,北は上州地方に通じ,近郊農村の市場町として発達。昔から農村部は狭山茶の栽培と養蚕が盛んで,製糸,織物業が早くから発達。いまも狭山茶の産地であるとともに織物,レース工業が行われる。市域南部の宮寺地区には武蔵工業団地が立地,自動車・電気機器の工場が多い。西部の JR八高線,東部の西武鉄道西武池袋線沿いの宅地化が進み,住宅団地が建設された。航空自衛隊入間基地のほか,北部に重要文化財高倉寺 (こうそうじ) 観音堂がある。南部は狭山県立自然公園,西部は奥武蔵県立自然公園に属する。面積 44.69km2。人口 14万8390(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入間市の関連情報