コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入間市 いるま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入間〔市〕
いるま

埼玉県南部,武蔵野台地北西端および加治丘陵の一部を占める市。 1966年武蔵町が改名して市制。 67年西武町を編入。市街地はかつての脇往還 (日光裏街道) の宿駅扇町屋で,南は八王子や青梅方面へ,北は上州地方に通じ,近郊農村の市場町として発達。昔から農村部は狭山茶の栽培と養蚕が盛んで,製糸,織物業が早くから発達。いまも狭山茶の産地であるとともに織物,レース工業が行われる。市域南部の宮寺地区には武蔵工業団地が立地,自動車・電気機器の工場が多い。西部の JR八高線,東部の西武鉄道西武池袋線沿いの宅地化が進み,住宅団地が建設された。航空自衛隊入間基地のほか,北部に重要文化財高倉寺 (こうそうじ) 観音堂がある。南部は狭山県立自然公園,西部は奥武蔵県立自然公園に属する。面積 44.69km2。人口 14万8390(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いるま‐し【入間市】

入間

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

入間市の関連キーワード三井アウトレットパーク入間埼玉県入間市駒形富士山埼玉県入間市金子中央埼玉県入間市狭山ケ原埼玉県入間市西三ツ木埼玉県入間市上小谷田埼玉県入間市久保稲荷埼玉県入間市下谷ケ貫埼玉県入間市三ツ木台埼玉県入間市善蔵新田埼玉県入間市上谷ケ貫埼玉県入間市上藤沢埼玉県入間市狭山台埼玉県入間市下藤沢埼玉県入間市木蓮寺埼玉県入間市春日町埼玉県入間市東藤沢埼玉県入間市花ノ木埼玉県入間市小谷田丸広百貨店 入間店

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入間市の関連情報