コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田宗吉(1) はった そうきち

1件 の用語解説(八田宗吉(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田宗吉(1) はった-そうきち

1808-1877 江戸後期-明治時代の治水家。
文化5年生まれ。生家は陸奥(むつ)河沼郡(福島県)八田野村の庄屋。会津(あいづ)藩より戸ノ口堰(ぜき)開削を命じられ,天保(てんぽう)6年飯盛山弁天洞をほりぬいて猪苗代(いなわしろ)湖の水を会津盆地にとおした。明治10年死去。70歳。名は寛貞。通称は吉兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

八田宗吉(1)の関連キーワード石田遊汀(2)円桂壮裔柏木志那子加藤作助(初代)昇斎一景関直吉高井存斎樋口逸斎平尾儀七村瀬双石