コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競馬法 けいばほう

5件 の用語解説(競馬法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

競馬法

改正競馬法」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいば‐ほう〔‐ハフ〕【競馬法】

日本中央競馬会が行う中央競馬および地方公共団体が行う地方競馬公営競馬)について、開催、勝ち馬投票券の発売、払戻金の交付などを規定している法律。昭和23年(1948)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

競馬法【けいばほう】

日本中央競馬会の行う中央競馬と都道府県・指定市町村の行う地方競馬につき,開催の度数,勝馬投票券,投票方法,払戻金等を定めた法律(1948年)。旧競馬法(1913年)が軍用馬の確保を目的としたのに対し,現行法は国または地方公共団体の財源確保を目的とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けいばほう【競馬法】

日本中央競馬会の行う中央競馬および地方公共団体の行う地方競馬(公営競馬)について、その運営や投票方法などについて規定する法律。1948年(昭和23)制定。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

競馬法
けいばほう

日本で行われる競馬を規制する法律。 1923年に公布され,これによって勝馬投票券の発売を伴う競馬の開催が認められた。その後,数度にわたる改正を経て,次の骨子から成る現行の競馬法 (昭和 23年法律 158号) が制定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競馬法の関連情報