八茎鉱山(読み)やぐきこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八茎鉱山
やぐきこうざん

福島県南東部,仁井田川上流にある鉱山。いわき市に属する。黄銅鉱磁鉄鉱石灰石などを産する。付近は古生層の向斜構造を示し,鉱床は石灰岩層の下部が接触変成作用を受けてできたものである。天正年間 (1573~92) 岩城氏により開鉱されたと伝えられ,のち佐竹氏が本格的に採掘を始めた。明治中期から大正末期までは銅が中心で,製錬所が建設されたが,1978年4月に銅鉱石は採掘を中止し,その後は石灰石,砕石,タングステンを産出している。なお石灰石は四倉のセメント工場へ送られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android