コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八茎鉱山 やぐきこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八茎鉱山
やぐきこうざん

福島県南東部,仁井田川上流にある鉱山。いわき市に属する。黄銅鉱磁鉄鉱石灰石などを産する。付近は古生層の向斜構造を示し,鉱床は石灰岩層の下部が接触変成作用を受けてできたものである。天正年間 (1573~92) 岩城氏により開鉱されたと伝えられ,のち佐竹氏が本格的に採掘を始めた。明治中期から大正末期までは銅が中心で,製錬所が建設されたが,1978年4月に銅鉱石は採掘を中止し,その後は石灰石,砕石,タングステンを産出している。なお石灰石は四倉のセメント工場へ送られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android