二弦琴(読み)にげんきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二弦琴
にげんきん

日本の弦楽器八雲琴とそれから派生した東流二弦琴とがある。八雲琴は「出雲琴」とも「玉琴」とも呼ばれ,中山琴主の創案と伝えられる。別に箏曲家葛原勾当も「竹琴」と名づけた二弦琴を創案した。歌舞伎囃子方の藤舎芦船は,八雲琴を改良して長唄三味線およびその囃子などとも合奏しうるようにした「東流二弦琴」を創案した。八雲琴も東流二弦琴も明治中期までは大いに流行したが,八雲琴が大本教の宗教楽として用いられているほかは,現在ではごく限られた演奏者を数えるのみとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にげん‐きん【二弦琴/二×絃琴】

弦楽器の一種で、細長い胴に同じ長さの2弦を張った琴。八雲琴(やくもごと)と、それを改良した東流(あずまりゅう)二弦琴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二弦琴【にげんきん】

日本の撥弦(はつげん)楽器。1.八雲琴(やくもごと)。木製の胴に2本の弦を張り,同音に調弦し,台にのせて演奏する。1820年(文政3年)中山琴主(ことぬし)が作製,これを普及したといわれ,祭祀の歌の伴奏などに用いられた。2.東(あずま)流二弦琴。八雲琴をやや大型に改造したもの。両者とも現在ではほとんど演奏されない。
→関連項目大正琴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にげんきん【二弦琴】

日本のチター型の2弦の撥弦(はつげん)楽器の総称。ただし,2弦はすべて同律に調弦されるので,複弦の一弦琴とみなすこともできる。八雲琴(やくもごと),竹琴(ちつきん),東流(あずまりゆう)二弦琴があり,大正琴(たいしようごと)もそれらの改良楽器である。二弦琴に1弦を加えて3弦としたものに,大和琴(やまとごと)または初瀬琴と称するものや,田村竹琴創案の竹琴などがあったが,伝承は絶えている。 八雲琴は,1820年(文政3)中山琴主(なかやまことぬし)(1803‐80)が創案,出雲大社などに献奏する音楽に用いたので,当初は出雲琴(いずもごと)とも称し,美称として玉琴(たまごと)とも称したが,後にその処女作《八雲曲(やくもふり)》にちなんで八雲琴と改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android