公・大宅(読み)おおやけ

  • おおやけ おほ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「やけ」は「家・宅」。「おおやけ」の原義は、大きな家)
① 大きな家。屯倉(みやけ)などの大きな建築物。
② 朝廷。政府。官庁。幕府。
※書紀(720)天武即位前(北野本訓)「若し仕へて名を成さむと欲ふ者は、還りて司(オホヤケ)に仕へよ」
③ 天皇。皇后。中宮。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫〈略〉いみじく静かに、おほやけに御文(ふみ)奉り給ふ」
④ 国家。社会。
※書紀(720)大化二年八月(北野本訓)「奥に、今の御寓(あめのしたをしらす)天皇より始めて、臣、連等に及るまでに所有(たもて)る品部は、悉に皆罷めて、国家(オホヤケ)の民と為宜し」
⑤ 公的なこと。政治に関すること。
⑥ 表むき。表ざた。表だったこと。
※暴君へ(1916)〈有島生馬〉「宮内大臣某子爵夫人との関係が公(オホヤ)けになった」
⑦ (形動) 公平であること。私情のないさま。
※評判記・難波物語(1655)「詞うるはしく、論おほやけなり」
⑧ (形動) 金持であること。また、そのようなさまや人。財産家。資産家。
※虎寛本狂言・米市(室町末‐近世初)「去ながら、こなたはおほやけな事でござれば」
[語誌](1)広壮な貴人の邸宅の意から、最高権力者としての天皇が住む宮殿をさすことになり、やがてそこに住む天皇を、さらには朝廷、政府、国家、社会をさす語へと変化していったものと考えられる。
(2)国家・朝廷といった概念も、すでに上代に認識されているが、一般的には、平安時代以降、朝廷に仕える政務を「公事」と認識して「おほやけわたくし(公私)」などと区別する感覚が定着した。
(3)後代になると、⑦⑧のような意味も生じるが、社会的な公正・安定性から派生したものであろう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android