コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公訴権濫用論 こうそけんらんようろん

2件 の用語解説(公訴権濫用論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公訴権濫用論
こうそけんらんようろん

犯罪の十分な嫌疑が存在しないとか,嫌疑はあるが起訴猶予にするのが相当であるとか,あるいは捜査の過程に重大な違法があったために本来起訴すべきではなかった事件を,検察官があえて起訴した場合には,このような公訴権の行使は濫用 (公訴棄却または免訴) にあたり,違法であるとして,裁判所形式裁判により訴訟手続を打切るべきだとする主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公訴権濫用論【こうそけんらんようろん】

嫌疑不十分であるとか,起訴猶予すべき事情があるとか,違法・無効な捜査方法があったような事件の起訴は,検察官による公訴権限の濫用であって無効であり,裁判所は公訴棄却(棄却)もしくは免訴などの形式的な裁判で手続を打ち切るべきだとする主張。
→関連項目公訴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

公訴権濫用論の関連キーワード緊急逮捕無罪の推定起訴猶予嫌疑不起訴不連続嫌疑無し嫌疑不十分処分保留被疑者と容疑者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone