コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免訴 めんそ

7件 の用語解説(免訴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免訴
めんそ

被告事件が実体的訴訟条件を欠くため有罪無罪の実体審理を尽すことなく,審理を途中で打切って行われる裁判。 (1) 確定判決を経たとき,(2) 犯罪後の法令によって刑が廃止されたとき,(3) 大赦があったとき,(4) 時効が完成したときの各事由がある場合には,判決によって免訴が言い渡される (刑事訴訟法 337) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

免訴

有罪か無罪かを判断せずに、刑事裁判の手続きを打ち切る判決。刑事訴訟法337条に定められている。(1)すでに時効が成立している(2)犯罪後に刑が廃止された(3)大赦(恩赦の一種)があった場合などに、判決で免訴を言い渡さなければならない。最高裁によると、昨年までの20年間に全国の裁判所での免訴判決は19件あった。

(2013-02-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めん‐そ【免訴】

刑事事件被告人に対して、有罪か無罪かの判断をせずに訴訟を打ち切る判決。すでに確定判決を経たとき、刑が廃止されたとき、大赦があったとき、時効が完成したときに言い渡される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

免訴【めんそ】

刑事訴訟において,事件がすでに確定判決を経ているとき,犯罪後の法律によって刑が廃止されたとき,大赦があったとき,時効が完成したときに言い渡される判決(刑事訴訟法337条)。
→関連項目公訴権濫用論判決主文横浜事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めんそ【免訴】

刑事訴訟において,一定の事由があることを理由として言い渡される形式判決。理由とされる事由を免訴事由という。免訴事由の第1は,確定判決を経たことである。これは,同一の公訴事実につき有罪もしくは無罪の判決,または免訴の判決が確定している場合をいい,一事不再理の効力が認められる場合である。第2は,犯罪後の法令により刑が廃止されたことである。犯罪行為が終了した後,当該行為に適用されるはずの罰条が,法令の改廃により,廃止または失効した場合をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めんそ【免訴】

( 名 ) スル
刑事訴訟において、裁判所が有罪・無罪を判断することなく訴訟を打ち切る判決。確定判決を経ている時、刑が廃止された時、大赦があった時、時効が完成した時に行われる。 → 公訴棄却

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

免訴
めんそ

刑事訴訟法上、未確定の具体的刑罰権の存否の確定化を妨げる事由があるときに言い渡す判決をいう。フランス法から日本の治罪法(明治13年太政官(だじょうかん)布告第37号)に導入され、以後、免訴事由に変動はあるが、一貫して認められてきている。ただ予審免訴は予審の廃止とともに姿を消し、現在は、(1)事件についてすでに確定判決を経たとき、(2)犯罪後の法令により刑が廃止されたとき、(3)大赦があったとき、(4)公訴時効が完成したときに、免訴の判決が言い渡される(刑事訴訟法337条)。免訴の判決の本質が実体裁判(起訴の理由について有罪か無罪かの判断をする裁判)なのか形式裁判(公訴棄却など手続上の理由から訴訟を打ち切る裁判)なのかについては学説上争いがあるが、形式裁判説が通説とされている。判例も、大赦があったときは、裁判所は単に免訴の判決をすべく、公訴事実の存否または犯罪の成否などについて実体上の審判を行うことはできず、また、大赦を理由とする免訴の判決に対して当事者は無罪を主張して上訴することはできないとしている(昭和23年5月26日最高裁判所大法廷判決)。しかし、免訴の判決は、有罪の判決、無罪の判決と同様に、既判力(前訴判決の後訴に対する訴訟法上の効力をいい、主として一事不再理の効力)を生じるとされている。なお、判例は、いわゆる高田事件(1952年に起き、審理途中で15年余の中断があった事件)で、迅速な裁判の保障条項に反する事態が生じた場合に、憲法第37条1項により、判決で免訴を言い渡している(昭和47年12月20日最高裁判所大法廷判決)。[内田一郎・田口守一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免訴の関連キーワード訴え刑事訴訟集中審理上告証拠能力訴訟告知弁論補佐人申し出で二重訴訟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

免訴の関連情報