コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六君子湯 りっくんしとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

りっくんしとう【六君子湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)白朮(びゃくじゅつ)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)人参(にんじん)陳皮(ちんぴ)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)甘草(かんぞう)などを含む。胃炎胃下垂胃拡張消化不良などに用い、食欲不振、胃が重い、手足の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。胃腸が弱く、疲れやすい虚弱体質の人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

六君子湯(りっくんしとう)

漢方薬のひとつ。胃もたれ、吐き気などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六君子湯の関連情報