コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃拡張 いかくちょう gastrectasis

7件 の用語解説(胃拡張の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃拡張
いかくちょう
gastrectasis

胃の病的な拡張をいう。慢性胃炎を基盤として,胃を支配する自律神経アンバランスになった結果,胃壁の筋肉が麻痺して起ると考えられているが,器質的な原因の存在することもある。多くはやせて消化不良性の症状を訴え,たびたび水分をほしがる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐かくちょう〔ヰクワクチヤウ〕【胃拡張】

胃が異常に拡張した状態。胃の運動機能の低下、幽門狭窄(きょうさく)などで起こり、胃の内容物が停滞する。胃の張る感じ、もたれ、嘔吐(おうと)などの症状を伴う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胃拡張【いかくちょう】

胃が異常に拡大した状態。一般に食欲低下,嘔気,嘔吐,胃部膨満感などの消化不良性の苦痛を訴える。暴飲暴食によって起こるといのは俗説で,胃癌胃潰瘍(かいよう)の瘢痕(はんこん)などのために幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)や閉塞(へいそく)が起こって,胃の内容物がたまり,胃が拡張した状懸をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

胃拡張

 胃が拡張した状態.多くの場合過食によるとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いかくちょう【胃拡張 gastric dilatation】

胃に拡張が起こることで,胃内容が2~4lに達することもある。胃壁の緊張の消失により急速に胃が拡張し,胃内容を吐出する急性胃拡張と,幽門狭窄があって胃内容が十二指腸へ排出できなくなり2次的に胃が拡張する慢性の胃拡張がある。急性胃拡張症は,手術後や急性感染症尿毒症薬物中毒,電解質異常など重い全身疾患が基礎にあって,数時間から数日の間に胃壁の緊張が失われて収縮力がなくなり,胃が著しく拡張した状態である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いかくちょう【胃拡張】

胃壁が緊張を失い、胃が異常に広がったままになる疾患。胃の運動機能が低下し、嘔吐おうとを繰り返す。薬物中毒などによる急性のものと、幽門狭窄きようさくなどで起こる慢性のものとがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃拡張
いかくちょう

胃の筋層が弛緩(しかん)し、収縮力を失った状態で、胃は無緊張の拡張した袋となる。胃内容の排出が障害され、分泌液、摂取物が貯留し、胃は著しい大きさに達する。病因として、手術ことに開腹手術、麻酔あるいは外傷後にみられる急性胃拡張は、最近の麻酔、輸液の進歩により著しく減少した。内科的には胃の幽門部や十二指腸の消化性潰瘍(かいよう)あるいは癌(がん)などによる器質的幽門狭窄(きょうさく)に続発するもの、また感染症、敗血症、尿毒症、薬物中毒、肝硬変、癌などの慢性全身衰弱のときにみられる。最近は糖尿病に併発する胃症が増加している。
 全消化管疾患の約0.1%にみられる。症状は、頑固な嘔吐(おうと)が持続し、脱水症状、さらに循環障害をきたす。診断は腹部X線検査で、拡張した胃と胃内容の停滞の証明、また幽門狭窄をきたす原疾患が証明されることも多い。治療は、持続的に胃内容を吸引し、同時に輸液と電解質の補給、胃運動亢進(こうしん)剤の注射で、同時に原疾患の治療をする。[増田久之・荒川弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胃拡張の関連キーワード胃穿孔事故る従属事象発病虫が起こる確率の加法定理然うしたら偏頭痛胃内滞留時間胃拡張 (gastroectasis, gastroectasia, dilatation of the stomach)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胃拡張の関連情報