コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴天連追放令 バテレンツイホウレイ

3件 の用語解説(伴天連追放令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バテレン‐ついほうれい〔‐ツイハウレイ〕【天連追放令】

天正15年(1587)豊臣秀吉が九州平定後、博多で発した禁令。キリシタンを邪法として禁止し、バテレンを20日以内に国外追放することを命じた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伴天連追放令【バテレンついほうれい】

キリシタン宣教師の国外追放を定めた法令。1587年(天正15年)6月19日九州で豊臣秀吉が発令した5ヵ条は,神国・仏教国の日本でキリスト教が説かれることは不適当であるとし,宣教師は改宗を強制して仏法を破壊するものであるとして,20日間以内に国外に退去せよという内容であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バテレンついほうれい【伴天連追放令】

キリシタン宣教師の国外追放を規定した法令のこと。(1)1587年(天正15)豊臣秀吉が九州平定後,筑前筥崎(はこざき)で発令した6月19日付け〈定〉5ヵ条。要旨は,日本は神国・仏教国であり,邪法キリスト教が説かれることは不適当であるから,宣教師は20日間以内に国外退去せよとしている。発令因については諸説がある。この追放令によって宣教師はいったん平戸に集結したが,再び各地に分散・潜伏したため,実際には空文化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伴天連追放令の言及

【キリスト教】より


〔キリスト教の本質〕

【キリスト教とは何か】
 この問いの背後には,かつてイエス・キリスト自身が弟子たちに投げかけた問い〈人々はわたしを何者だと言っているか……あなたたちは,わたしを何者だというのか?〉(《マタイによる福音書》16:13~20,《マルコによる福音書》8:27~30,《ルカによる福音書》9:18~21,《ヨハネによる福音書》6:67~71)がひそんでいる。この後者に答えることが,前者に対する根本的な答えである。…

※「伴天連追放令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

伴天連追放令の関連キーワードキリシタン肥前国豊前国警察の可視化の取り組み黒田官兵衛孝高(よしたか)石田未得板倉重宗酒井忠勝聚楽第大雲院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone