コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤家長 ないとう いえなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤家長 ないとう-いえなが

1546-1600 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)15年生まれ。内藤清長(きよなが)の長男。徳川氏の家臣。天正(てんしょう)18年徳川家康の関東入部の際,上総(かずさ)(千葉県)佐貫(さぬき)城主となる。2万石。慶長5年関ケ原の戦いで鳥居元忠(とりい-もとただ)らと山城(京都府)伏見城をまもったが,西軍に敗れて同年8月1日自刃(じじん)。55歳。幼名は金一郎。通称は弥次右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内藤家長の言及

【内藤氏】より

…(1)周防,長門の中世武家。大内氏の重臣で15世紀半ばから長門守護代を世襲。内舎人(うどねり)の藤原氏から出た名字で,秀郷(ひでさと)流とも道長流とも伝えるが確証を得ない。〈盛〉の字を通字とした。鎌倉中期の史料によれば尾張国に地頭職をもっており,系図では平安時代の領有と伝えるので,東国に本拠をもち京都に出仕する武士だったらしい。1187年(文治3)内藤盛経らが周防国で東大寺の年貢米を横領し,90年(建久1)には内藤盛家が周防国遠石荘内石清水別宮領に乱入するなど,鎌倉初期に一族の周防での活動が目だち,周防に新所領を獲得したことがわかる。…

※「内藤家長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内藤家長の関連キーワード二十八将松平家忠内藤政長佐貫城佐貫藩

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android