コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内軟骨腫 ないなんこつしゅ Enchondroma

1件 の用語解説(内軟骨腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ないなんこつしゅ【内軟骨腫 Enchondroma】

[どんな病気か]
 内軟骨腫は、骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)(「骨軟骨腫」)のつぎに多くみられる良性の骨腫瘍(こつしゅよう)です。
 おもに手足の小管骨(しょうかんこつ)(細い管状の骨)に発生します。
 1つの骨にできる単発性のものと、2つ以上の骨にできる多発性のものがあります。
 内軟骨腫が発生しやすい年齢は、10~40歳代です。
 良性の腫瘍ですが、まれに、40~50歳代になって悪性への変化がおこり、軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)(「軟骨肉腫」)に変わることもあります。
[症状]
 腫瘍が骨内にとどまっている場合は、症状はほとんどありません。
 野球やバレーボールなどのスポーツでつき指をして、病的骨折がおこり、X線写真を撮って、初めて発見されることもあります。
 腫瘍が大きくなると、指など小管骨(しょうかんこつ)の一部が膨(ふく)らんできます。
 触れると、かたい小さな腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)を感じますが、痛みはほとんどありません。
 多発性の場合は、子どものころから、手指の変形や腫瘤などがみられます。
 X線検査を行なえば、容易に診断がつきます。
[治療]
 症状がなければ、経過を観察するだけで十分です。
 骨皮質(こつひしつ)(骨の外側にあるかたい部分)が薄くなり、骨折をおこす危険がある場合や、腫瘤が大きくなった場合には、腫瘍をかきとって(掻爬(そうは))から、その欠けた部分に骨を移植する手術が行なわれます。
 移植する骨は、自分の骨をほかの部位からとるのがもっともよいのですが、骨バンクに保存してある他人の骨(銀行骨)や人工骨を用いた場合でも、よく治ります。
 手術後、1週間から10日間くらいの入院ですみますが、骨が完全に修復されるまでには、だいたい2~3か月はかかります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

内軟骨腫の関連キーワード骨腫瘍硝子軟骨軟骨軟骨魚類関節軟骨軟骨組織喉頭蓋軟骨軟骨細胞骨端軟骨ヒアリン(様)軟骨

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内軟骨腫の関連情報