コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円宗 エンシュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円宗 えんしゅう

?-884* 平安時代前期の僧。
三論宗。大和(奈良県)元興(がんごう)寺にすむ。貞観(じょうがん)11年維摩会(ゆいまえ)講師,翌年大極殿(だいごくでん)での最勝会の講師となる。16年律師,元慶(がんぎょう)7年少僧都(しょうそうず)にすすみ,同年12月22日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしゅう【円宗】

〘仏〙 〔「円頓えんどん宗」の略〕 天台宗の別名。円頓の教えを旨とするところからいう。 〔近世では「えんじゅう」といった〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

円宗の関連キーワード円教寺(京都市)後三条天皇名数小辞典南砺(市)覚助(2)天台三会伊達持宗北条氏直瑞光女王円融寺石黒荘円宗寺御願寺円乗寺五十鈴法華会四円寺円頓宗寺院近世

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円宗の関連情報